すこラク

「すこラク」は、より健やかに、より楽に生きるための情報を独自の目線で発信するサイト。あなたの生活を快適にするお手伝いができれば幸いです。

医師の仕事

医師の仕事を辞めたい!【辞める理由と、辞めた後を考える】

このページは、医師が仕事を辞めたいと感じる理由や、実際に辞めたらどうするのか?をまとめています。

『医師が仕事がつらいので、本気で辞めたいと考えている』

『医師の仕事を辞めたとしても、その後どうするか不安・・・』

という方はぜひ参考にしてください。

医師が仕事を辞めたいと感じる理由

まずは、医師の方はどんな理由で仕事やめたいと感じているかを見ていきましょう。

理由1 過酷な労働環境

日本は他の先進国に比べて、人口に対する医師の数が非常に少ないです。

一方で、超高齢化社会に突入した今、医療行為への需要は高まるばかりです。

そのため医師へのしかかる負担は大きく、労働時間の長さや休みの少なさから辞めたいと感じている医師は多くいます。

理由2 人間関係

医師たちの間でも人間関係によるトラブルは多いですが、今後を考えて我慢している医師が多いと言います。

他科の医師や看護師、薬剤師とも関わるので、人間関係のトラブルは仕事に支障を与えることがあります。

一時的なものならいいですが、人間関係は長期間続くものです。

苦しい我慢できなくなり、医師を辞める理由にまで発展するケースもあります。

理由3 プレッシャー

所属する診療科にもよりますが、医師の仕事は患者さんの健康や命に大きく関わります。

医療ミスが患者さんの生死を左右することもあるので、医師は『ミスが許されない』という大きなプレッシャーがあるのです。

医療ミスによって訴訟に発展したケースもありますから、何度もそのプレッシャーに耐えるのが嫌になり、辞めることを考える医師もいます。

理由4 家庭への影響

過酷な労働環境と多くのストレスが、医師たちの家庭に大きな影響を与えている場合があります。

拘束時間の長さから家族との会話が減ってしまったり、子育てや家事への参加が難しくなったりするケースもあります。

仕事と家庭の両立が難しいと感じたとき、仕事を辞めたいと思う医師が多くいます。

理由5 ストレスの多さ

近年のインターネットの普及によって、多くの人が医療に関する情報を簡単に得られるようになりました。

それに伴い、患者の医師に対する期待や要望が高まっているのも事実です。

口コミサイトで評価をつけられてしまう事も多く、それらのことにストレスを感じている医師も少なくありません。

どれくらいの医師が辞めたいと考える?

医師のコミュニティサイト「メドピア」によると、『医師が辞めたいと考えたことがあるか?』という質問に対して、4,232件の回答があったそうです。

『まったくない』『1度だけある』『何度かある』『よくある』という回答の割合と、それぞれの理由を見てみましょう。

まったくない 約58%

■プレッシャーやストレスもありますが、それ以上にやりがいが大きいです。

■つらい、きついと思うことは多いですが、自分で選んだ仕事ですし、人の役に立てている実感があります。

■医師を辞めても他に仕事がないと思います。

1度だけある 約6%

■クレームを付けられたとき、辞めたくなりました。

■ミスをしてしまったとき、この仕事は向いていないんじゃないかと思いました。

■若い頃は激務についていけないと思いましたが、続けるうちに慣れたので、辞めなくてよかったと思います。

何度かある 約26%

■医師になって3年目までは何度かやめようと思いましたが、それ以降は『こういう仕事なんだ』と割り切れるようになりました。

■肉体的な辛さは耐えられますが、仕事で関わる人や患者さんとのトラブルで辞めたくなりました。

■仕事外野で辞めたくなっても、患者さんの笑顔を見たり、感謝されるたりすると、頑張ろうと思えます。

よくある 約10%

■オンコールと通常勤務が連続して、長時間働き続ける時は、何度も辞めようかと考えてしまいます。

■20~30代の頃は大丈夫でしたが、40代に入ると肉体的に辛くなって転職を考えたりします。

■仕事はまだいいですが、人間関係に疲れました。

医師が仕事を辞める時の注意点

タイミングを見極める

仕事を辞める時、または退職の意思を伝える時はタイミングを見極めることが非常に重要です。

極端に人手が足りていない場合や、医療機関の状況によっては快く受け入れてもらえない場合があります。

代わりの医師の確保も必要になってくるので、なるべく退職する直前ではなく期間に余裕をもって勤務先に意思を伝えましょう。

次の職場を決めておく

期間に余裕をもって退職することは大切ですが、次の職場が決まっていない段階で辞めてしまうのは非常に危険です。

もちろん今の仕事を続けながら転職活動を行うのは簡単なことではありません。

キャリアやワークライフバランスを考えて、自分に合った職場を見つけられるかどうかが今後の人生を大きく左右します。

家族とよく相談する

本人はもちろん、ご家族にとっても、医師が仕事を辞めるということは非常に大きな出来事です。

そのため、家族の希望や現状、今後の人生計画をよく話し合い、辞めるか否かの結論を出すようにしましょう。

転職する場合、勤務地や年収などについても家族の意見を統一させておくと、活動がしやすくなります。

医師を辞めた後はどうする?

皆さんは医師になるまで、長年の猛勉強と過酷な研修医時代を過ごしてきたと思います。

そんな大変な思いをしてやっと夢がかなったのに、現実の厳しさに打ちのめされているのではないでしょうか。

医師業は非常に専門性が高く、人の役に立つ職業ですが、他の業界とは異なる特殊な業界でもあります。

今の職場を辞めたいと思っても、突然他の業界に転職すると戸惑うことが多いかと思います。

そのため、現状を変えたいと思うのであれば、医師を辞めるのではなく、自分の希望に合った職場に転職することをおすすめします。

希望の職場を見つけるポイントは、一般には公開されていない、好待遇の非公開求人をチェックすることです、

非公開求人をチェックできる、人気の医師転職サイトをこちらのページにまとめたので、参考になればうれしいです!

医師を辞めずに転職した人の声

当直なしの職場に転職

当直やオンコール対応による休日の少なさで心身ともに疲れ切っていましたが、当直なしの今の職場に転職できでよかったです。

年収も前の職場と変わらなかったので、もっと早く転職活動をしておけばよかったと思いました。

(40代 男性医師)

仕事と家庭を両立しやすくなった

2年前に第一子を出産してから生活が変わり、仕事と家庭の両立が難しくなってしまいました。

子どものころからの夢だった医師を辞めるしかないのかと悩んでいましたが、託児所付きで土日休みの今の職場に転職しました。

子どもと接する機会も増えましたし、家族の絆も深まった気がします。

(30代 女性医師)

休日が取りやすくなった

長年外科医として手術に携わってきましたが、最近は身体的な限界を感じていました。

私の年で転職なんて難しいと思っていましたが、ご縁があり、総合病院の経営に関わる仕事に就くことができました。

事務が多いので体は楽になりましたし、休日も取りやすくなったのでゆったりと過ごすことができています。

(50代 男性医師)

医師転職サイトで転職が成功しやすい理由

多くの好条件の求人は非公開であるため

医師が希望する好条件の求人は、応募が殺到してしまうため非公開になっていることが多いです。

また病院内の他のスタッフへの配慮で求人情報を非公開にしている医療機関も多いです。

それらの求人は、転職サイトに登録して初めて出会えます。

そのため、サイトに登録しないで行うよりも質の高い転職活動を行えます。

転職のプロのサポートがあるから

日々の労働時間が長い医師が、本業のかたわら転職活動を行うのは簡単なことではありません。

希望する条件に合う求人を探す事や、面接の日程調整などを専門スタッフに任せることができるのは転職サイトならではの魅力です。

また年収などの条件交渉も医師に代わって行ってくれるので、精神的ストレスが少ないです。

医療機関の実態や現場の声が聞けるから

多くの医師転職サイトは医師だけでなく、医療機関側との関わりも深いです。

そのため、ホームページや求人票だけでは分からない「現場の生の声」を知っています。

転職サイトなら、医師の希望をヒアリングし、医療機関の実態を踏まえたうえでの最適な求人を紹介してくれるはずです。

まとめ

いかがでしょうか。

医師が仕事を辞めたいと感じる理由はさまざまで、実際に辞めてしまう方もいらっしゃいます。

でも、医師とは全く関係ない仕事に転職するのは、かなりリスクが大きいと思います。

医師そのものを辞めるのではなく、医師の転職サイトでアドバイザーに相談して、理想の職場を探すのが賢いやり方と言えるでしょう。

この記事が、仕事をやめたい医師の参考になれば幸いです。

-医師の仕事
-, , ,