すこラク

「すこラク」は、より健やかに、より楽に生きるための情報を独自の目線で発信するサイト。あなたの生活を快適にするお手伝いができれば幸いです。

医師の仕事

医師の将来が不安な理由と対処法※将来性のある科ってどこ?

2018/03/18

このページは、医師の将来が不安な理由や対処法、将来性のある科をまとめています。

『医師の将来が不安な理由や、将来が不安視されている科はどこ?』

『将来性のある科があるなら、転科を検討しようと思う』

『医師としての将来が不安なので、どうしようか悩んでいる』

という方はぜひ参考にしてください。

医師の将来が不安な理由

理由1 体力的な問題

土日も休めない・当直あけも勤務があるなどの、激務が続くと、疲労が取れにくくなり、体力的にきつくなります。

退職者がでると人数が減るために、ひとりの医師にかかる負担は、ますます大きくなります。

疲労の蓄積は、精神的に弱くなることもあり、将来このまま歳を取ってしまうことを考えると、不安が募ります。

理由2 将来的に医師が余る恐れがある

厚生労働省の「医師の需給に関する検討会」によると、2033年ころには医師の需要と供給が均衡して、2040年には供給が需要を、1.8万人上回るという推計を発表しました。

近い将来、人工が減ってくることで、患者が少なくなり、医師が余ってくるというものです。

理由3 家庭との両立

医師は拘束時間が長いために、家族との時間が取れにくく、ストレスを感じることが多いです。

また医師を続けていくには、子育てをする環境が整っていないことも、不安な状況に拍車をかけています。

女医の場合も、家庭との両立をするには、勤務時間など解決すべき問題があるために、不安がつきまといます。

将来が不安な医師の声

特殊な技術がない

東京で医師をしていると、これからに不安に感じる医師は多いはずです。

医師の数が多すぎるから、特殊な技術をもっているなど、唯一無二の医師でないと、追いやられてしまうこともあります。

このままここで医師を続けるか、転職をしようかと悩んでいます。

自分の代わりはいくらでもいる

子供を育てるためには、休職したいが、一度休んでしまうと代わりはいくらでもいる状況です。

この状況を見ているだけに、戻ることができるかどうか、不安だから休職を踏み切れないですね。

今後も医師は続けたいのだが、どうしたらよいか決めかねています。

今の職場に残るか、次に行ったほうがいいのか

ある程度中堅になってくると、将来的にこのまま残るか、次を考えるかの瀬戸際です。

自分ひとりだけで考えるには、判断しかねるので、不安ばかり募ります。

特に将来が不安な科は?

産婦人科

現代は少子高齢化社会なので、出生数が減少しています。

子供が減っているということは、当然妊婦さんも減っているので、産婦人科の仕事も減っていくことが予想されます。

産婦人科は、医療ミスなどによる訴訟件数が多いので、リスクが大きいという声もありました。

また出産のタイミングは予測できないため、勤務時間外の呼び出しがストレスになることも多いそうです。

小児科

小児科も産婦人科と同じく、少子高齢化の影響で患者数の減少が予想されます。

モラルのないモンスターペアレント空のクレームも多いといいます。

子供は扱いが難しく、診療に手間と時間がかかりますが、その割に儲からないという声もあります。

外科

外科は以前まで志望者の多い科でしたが、現在は志望者の減少が目立ちます。

一生懸命訓練して治療の技術を磨いても報酬が安いことだったり、都市部の病院に患者が集中して、地方の病院には患者が少ないのが不安だそうです。

またロボット技術の発展により、人の仕事が減っていく可能性ももあります。

医師で将来性のある科は?

一番必要とされるのは『内科』

内科と言っても、幅が広いので、一概には言えないのですが、不調を感じた人がまず内科を訪れることから、医師の数が最も多いのが特徴です。

呼吸器や循環器の疾患を扱いますが、一般的には問診・触診などで診断を下し、投薬するなどの治療を行います。

医師の内容としては、比較的緊急性の少ない科になるため、目指すことが増えることが予想されます。

老人医療も需要がある

高齢化社会はこの先も続くため、整形外科など老齢の患者が多い科は、将来性のある科として人気があります。

認知症の患者も増える傾向にあるので、精神内科・精神科の医師も、同様に需要のある科と言えます。

『将来性のある科はない』という声が多い

『将来性のある科』として2つの科を紹介しましたが、この先に不安を感じていたり、見通しが立たないと思っている医師がとても多いです。

そのため、『将来性のある科は、ない』と言う医師が、圧倒的に多くなります。

人の命にかかわる仕事であるため、楽な仕事はないという意味合いもあります。

特に自分の所属する科が不安な場合、転科や転職を考える医師が多いそうです。

将来が不安な医師の方へ

医師も人間である以上、働く環境や条件で、悩むことがあっても不思議ではありません。

勤務時間の長さから家族との時間が取れないことや、この先まで体がもつのか、体力に不安を感じている医師もいるでしょう。

疲れをためこむと、冷静な判断ができず、ミスを招いてしまう可能性があります。

医師には、ミスが許されるものではなく、これがストレスになり、精神的にもつらくなることもあります。

この先の自分に不安を感じる医師の方は、安心して働ける職場へ転職する方法も考えてみてはどうでしょうか?

通常は見られない好待遇の非公開求人をチェックできる、人気の医師転職サイトをこちらのページにまとめたので、参考になればうれしいです!

医師転職サイトで不安のない職場に転職しやすい理由

非公開求人が見れる

一般の求人誌やハローワークでは公開されない、好待遇の非公開求人を見ることができます。

普通は難しいと考える条件でも、非公開求人なら希望にあったものが見つかる可能性があるのです。

専門性の高さ

医師転職サイトは、医師・医療機関双方のサポートを行っているため、医療分野に関する高い専門知識が期待できます。

経営者目線からの情報提供や、医師のキャリアの強みなども適切に判断してくれるのがうれしいです。

転職後のキャリアや不安なども安心して相談できるので、若い医師にもベテランの医師にもおすすめですね。

情報量の多さ

求人情報だけではなく、医師転職のためのお役立ち情報が多数掲載されているのも心強いです。

数多くのの医師転職体験談や、転職の始め方、退職の仕方などを分かりやすく解説しているサイトも有るので、多くの疑問が解決できます。

転職が初めての医師でも、具体的なイメージができるので、納得しながら活動を行うことができます。

選択肢の多さ

47都道府県、数万件もの求人が用意されています。

求人の多さとは、つまり選択肢の多さです。

「仕事も家庭も大事にしたい」

「年収アップを目指したい」

「離島で地域密着型の医療に携わりたい」

など、医師の細かい希望に合った求人が見つかリやすいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。

医師としての将来が不安なら、今できることを考えて、早めに動くことが大切です。

不安のない職場、より良い条件の職場を探すために、医師転職サイトのアドバイザーに相談するのもいいと思います。

この記事が、将来が不安な医師の参考になれば幸いです。

-医師の仕事
-, , ,