すこラク

「すこラク」は、より健やかに、より楽に生きるための情報を独自の目線で発信するサイト。あなたの生活を快適にするお手伝いができれば幸いです。

医師の仕事

夫婦共働きの医師の子育てを調査【子育てしやすい職場環境とは?】

このページは、『夫婦共働きの医師の子育て』について詳しく書いています。

『夫婦共働きの医師の子育てで、大切なことって何?』

『夫婦共働きの医師が、子育てしやすい働き方ってあるの?』

という方はぜひ参考にしてください。

夫婦共働きしている医師の、子育てが難しい原因

お互いまたはどちらかの長時間労働

医師という職業柄ゆえ、拘束時間が長い点が子育ての難しい原因の一つです。

夫婦のどちらかが長時間家を空けている状態だと、もう一方がすべての家事育児をこなさなければなりません。

ワンオペ育児になりがちで、育児をしている側は仕事との両立バランスが難しくなります。

親など第三者のサポートが必要

子供を保育園に預けて仕事に出かけても、子供の急な発熱でお迎えが必要な場合もあります。

自分は診察中、夫はオペ中などの場合、どうしても第三者のサポートが必要です。

サポートしてくれる人が近場にいない場合などは、病気の子供でも預かってくれる保育園を探さなけばいけないなど課題があります。

患者第一になりがち

私たち患者側としては、お医者様には患者さん第一でいてもらいたいものです。

でも、子育て中の医師夫婦になると、仕事が原因でプライベートの時間が削られてしまい、結果子育てに影響が出ます。

例えば、診療時間ぎりぎりで患者さんが来れば子供のお迎えが遅れてしまうなど、時間の調整が難しいのが現状です。

夫婦共働きでの子育てに苦労した医師の声

仕事の調整が難しい

お互い医師なので、子供が病気であっても仕事の調整ができないのが大変でした。子供が3歳くらいになるまでは、頻繁に熱などで保育園から呼び出されることが多く、同僚に業務を引き継いでもらうことも多々ありました。

周りのサポートがなければ大変でした。

夫婦で行事に参加できない

土曜日の外来担当などが理由で、保育園の行事など家族そろって参加することができなかった時もあります。まわりは両親そろって参加しているのに、うちだけ片方だけで、子供に寂しい思いをさせてしまったと思います。

妻ともに患者様第一がモットーなので、お互いプライベートの時間を工夫して、家族の時間を作るのが大変です。

家事育児の分担が難しい

多忙期に入ってしまうと家に帰れないことも多々あり、家事育児の分担が難しい時もありました。妻に育児を任せっきりになってしまい、妻は家に仕事を持ち込むこともありました。

仕事のしわ寄せがきてしまうので妻は心身ともに疲れてしまったこともありました。

夫婦共働きの医師が、子育てするのに大切なこと

家事の割り振りを相談すること

拘束時間が長いため、夫婦共働き医師の家事育児業務は大変です。

学会や論文の準備などで育児ができないなど、お互いのスケジュールを共有し、常に相手のスケジュールを把握することが大切です。

スケジュールに沿って、今日は私、明日はあなたなど、あらかじめ育児担当日を振り分け分担することが大切です。

頑張りすぎないこと

聞こえは悪いですが、頑張り過ぎないことも大切です。

仕事、育児と張り詰めてしまうと体調を崩してしまう可能性もあるからです。

多忙で家事育児どれもできそうにないときは、家事だけでも外注に頼むのも手です。

心のゆとりを持つことが子育てには必要です。

職場に対して配慮すること

急な呼び出しで仕事を切り上げなければならない時もあります。

引継ぎや、アフターサポートなどをしてくれる同僚がいるからこそ、成り立つものがあります。

子育てするのは皆一緒なので、持ちつ持たれつの精神を忘れないことです。

夫婦共働きでも子育てしやすい、医師の働き方とは

時間で帰れる

一人が1からすべてを担当する一人制担当でなく、分担制であると最適です。

例えば診察以降の業務(指導、管理など)をほかの先生に任せれば時間で帰ることも可能です。

一人で抱える仕事量を分担制にすることによって時間の節約になります。

融通の利く働き方ができる

『当直はできないけれども、残業はできます』、または『この日とこの日なら外来担当できます。』というように、自分の育児スケジュールの条件に沿うような働き方ができる職場は魅力的です。

いわば職場の上司の理解や、同僚のサポートがある環境です。

夫婦の一方が多忙すぎて、もう一方がワンオペ育児になってしまう状況を防げます。

サポートが受けられる

急な仕事がある場合、育児の面でのサポートはすべて自分で手配しなければなりません。

例えば、託児所に預けるには事前に登録が必要だったり、子供が病気の際の預けなら、病児でも受け付け可能な託児所を探さねばなりません。

ご両親や友人、または院内に託児所がある場合など、サポート体制が整っていると安心です。

夫婦共働きでの子育てに苦労している、または苦労したくない医師の方へ

夫婦共働きをしている医師の方々のアンケートでも、子育てとキャリアのはざまで悩みを抱えている方が多数です。

また、職場環境・上司や同僚の理解の薄さなどで肩身の狭い思いをしている方が多くいることがわかりました。

職場によっては、家族のサポートが手厚くないと共働きでの子育ては難しいという見解が強い傾向にもあります。

少しでも良い職場環境を求めて、自分の理想とする働き方を見つけるのは大切です。

このようなことで苦労している、または苦労したくない方は、心身ともに疲れてしまう前に、この際、転職を考えてはいかがでしょうか。

でも、一般の求人では希望にあった職場を見つけるのは難しいかもしれません。

そこで、一般では見ることができない好待遇の非公開求人が見れる、医師転職サイトを利用するのがおすすめです。

人気の医師転職サイトをこちらのページにまとめたので、参考になればうれしいです!

医師転職サイトがおすすめの理由

圧倒的な求人数

多数の公開案件に加え、未公開案件1万件以上など、求人数が多いです。

特に未公開求人は、表に出ないだけあって、お宝情報と言えます。

子育てするのに適した勤務先を自分自身で探すの簡単なことではありません。

求人数が多い医師転職サイトなら、ぴったりな職場が見つけられます!

非常勤枠でも多数の求人数

時短にしたり、週の出勤を減らしたりと、子育て中でも働きやすい環境が整っていれば、将来的に本格復帰することも夢ではありません。

医師のキャリアを生かすために、非常勤勤務の求人の最新情報や、相場などを徹底チェックしています。

こういった情報をもって子育て世代の医師たちを手厚くサポートしています。

信頼のある専任スタッフ

医師転職サイトの専任スタッフは、求人の提案から面接の手配、年収交渉、退社の相談など、医師のサポート役を引き受けています。

医療機関と医師の間のクッション役を担っているので、何かあったときにも心強い見方です。

また、口コミでも専任スタッフの対応は迅速だと、評判が良いサイトは魅力的です。

まとめ

いかがでしょうか。

夫婦共働きで苦労している、また苦労しそうな医師は、子育てしやすい職場への転職を考えるのも1つの方法です。

転職サイトのアドバイザーに相談するだけでも、いいアドバイスがもらえるかもしれません。

この記事が、夫婦共働きで子育てしている医師の参考になれば幸いです。

-医師の仕事
-, , ,