すこラク

「すこラク」は、より健やかに、より楽に生きるための情報を独自の目線で発信するサイト。あなたの生活を快適にするお手伝いができれば幸いです。

体の不調

朝が辛い原因は何?だるい・うつ・低血圧など注意すべき症状とは?

2017/11/02

朝が辛いと起き上がるのが億劫ですし、一日の仕事に身が入りませんよね。実は多くの人が抱えている朝が辛いという悩みを抱えています。そこで今回は朝が辛くなる原因とその対策についてまとめます。

朝が辛い・だるい原因1 仕事などが原因の寝不足

朝起きられない主原因として睡眠不足が挙げられます。特に仕事などで多忙な人は必然的に睡眠不足に陥りやすいです。睡眠不足が慢性的になると疲れやすくなり、思考が鈍るので、休みが取れたら睡眠時間をしっかり確保するようにしましょう。

朝が辛い・だるい原因2 低血圧で起きれない

低血圧で起きれないという方は、朝起きた時、体が活動をするために必要な血圧値まで上がらないということが考えられます。では、なぜ低血圧の人は血圧が上がりにくいのでしょうか?

それは、内分泌器官、腎臓、脳、自律神経といった血圧上昇に関わる器官の働きがあまり良くないからです。これらの働きがあまり振るわないと、血液循環が悪くなり、結果、低血圧を招くことになるのです。

低血圧の方の場合、普通に起きられる方と比べ、体が覚醒状態になるまでに長めの時間を要するので、仕事など大事な日は覚醒するのに必要な時間を見越して早めに起きるようにしましょう。

朝が辛い・だるい原因3 うつ病などの精神的な病気にかかっている

うつ病などの深刻な精神疾患にかかっている場合、朝布団から出るのが本当に億劫になります。さらに頭にモヤがかかったようになり、時折頭痛で苦しむこともあります。仕事への準備をしている最中も辛い・苦しい気持ちしか抱けません。

中には、朝食を食べている最中で仕事に行きたくなくなり、結局仕事に行かなくなることもあるそうです。

朝が異常に辛く、仕事へ足が向かなくなることが多い方はうつ病の可能性が考えられるので、早めに精神科に受診されることをおすすめします。

朝が辛い・だるい原因4 睡眠中の疲れ

これは高齢者に多いパターンですが、睡眠中も人は体力を消費します。高齢になると、体力が低下するので長時間の睡眠が難しくなってきます。

よくお年寄りは朝が早いと言われていますが、これは長時間睡眠のための体力が不足していることが原因になっております。

朝が辛い・だるい原因5 乱れた生活習慣

生活習慣が乱れることでも朝が辛い・だるいと感じるようになります。朝が辛い方は夜遅くまで起きてはいませんか?夜遅くにご飯を食べてはいませんか?昼夜逆転型の生活が続くと、サーカディアンリズムが乱れてしまいます。

また、深夜のお酒の習慣も朝が辛いと感じる原因になります。なぜなら、アルコールの分解にも体力を使うからです。寝る前の食事・飲酒はなるべく控えるようにしましょう。

朝が辛い・だるい原因6 セロトニンが不足している

精神を整えるのに重要な働きをするセロトニンは朝の覚醒を促進させるという重要な働きもします。セロトニンは朝の目覚めが近づくにつれて分泌が盛んになり、朝日を浴びることでさらに分泌されるようになります。

朝が辛い方はもしかしたら、このセロトニンの分泌が不足しているのかもしれません。

朝が辛いときにとっておきたい対策

朝が辛い時はどんな対策を取ればいいのでしょうか?ここでは、朝が辛いときに取っておきたい対策を紹介します。

寝る前にスマホやPCはいじらない

寝る前にスマホやPCをいじると、それらから発せられるブルーライトにより眠れなくなることがあります。寝る前はスマホやPCの操作は控えましょう。

夜遅くの食事・飲酒は控える

先述の通り、生活習慣の乱れでも朝が辛くなることがあります。夜遅くの食事や飲酒は控えるようにしましょう。

もし、どうしても夜食を食べたいという方は、なるべく消化が良く(消化にエネルギーをあまり消費しない)、低カロリーで温かい食べ物を夜食に選ぶようにしましょう。

カーテンを開けて朝日を取り込む

朝日を浴びると体内時計を初期状態に戻すことが出来る上に、サーカディアンリズムを整えることが出来ます。寝る前にカーテンを開けておき、直に朝日が入る状態にしておくと、朝の辛さが軽減されるかもしれませんよ。

朝ごはんはしっかり食べる

朝ごはんはしっかり食べることで頭の働きが良くなります。また、朝ごはんの栄養バランスはしっかりと整えましょう。

炭水化物や脂質に偏った食事を朝から摂るのはNG。良質なたんぱく質、ビタミン、ミネラルを意識して体が喜ぶような朝食メニューを心掛けましょう。

身だしなみはしっかりと整える

朝のメイクを行ったり、仕事用のユニフォームをしっかりと着用したりすることで気持ちがしゃんとし、自然と目が冴えてくることがあります。ベッドサイドの近くに仕事着を置いて、仕事を意識させるのも手かもしれませんね。

朝が辛い時はサプリに頼るのも有り

前述で、朝が辛い人はセロトニンが不足している可能性が考えられますが、それを増やすのに手っ取り早い方法はトリプトファンを体の中に取り込むことです。

トリプトファンが含まれているサプリメントも売られているそうなので、このサプリメントを取って朝の辛さを緩和するというのも良いかもしれません。

朝が辛い人におすすめなのはこちら

朝が辛い時の対策を色々と紹介しましたが、今話題になっている「イミダペプチド」というドリンクがあります。

日本予防医薬の「イミダペプチド」には鶏むね肉に多く含まれているイミダペプチド成分が1本あたり200mg配合されており、朝が辛いという悩みをサポートしてくれます。

朝が辛くてお悩みの方は是非、「イミダペプチド」を試してみてはいかがでしょうか?

イミダペプチド商品購入

まとめ

いかかでしたか?朝が辛いという悩みは対策次第で改善が可能です。朝が辛くてお悩みの方はこれを機に解消出来るように試みましょう!

-体の不調
-, , , ,